×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライカコラムス Nr.005

MP3って音楽ファイルですか!

またまた出ました、LHSAスペシャルMP3。よくできたコピーって感じは拭えません。 最初に聞いたときは、音楽ファイル?かと思いましたが、またまたのM6改造品でした。これまた昔をまねたズミルックス50ミリがついて100万円以上というからさらに驚きです。誰が買うんでしょうかねえといってみても、LHSAの会員のみなさんは相当のコレクターかお金持ちばかりですから、そちらの方で消費されるのでしょうか。

興味深いのは舞台裏で、ライカ社が無視できない存在のLHSA(ライカ・ヒストリカル・ソサエティー・オブ・アメリカ)。LHSAのおかげでブラックペイントが復活したといっても差し支えないでしょう。始まりはM6TTLのブラックペイントからで、LHSAの30周年記念ライカとして企画したものですが、おもしろいのはその企画を乗っ取ってライカ社が、先に2000ミレニアムとしてM6をちょっといじった(レバーと巻き戻しの部がM3で、ブラックペイント)を発売したことです。LHSAからしてみれば、コノヤローですが、ライカにしてみればしてやったり。普通の人から見れば、M6Jといい過去の遺物にすがりすぎてやいないですかって感じですね。おまけに記念品というだけで、高額だしね。 というわけで、ライカさん全く新しい形のM型を出せ、と言いたい。M5みたいな。それから、ホントにコピーしてほしいのは、M3の外観ではなくてファインダーなのです。コシナのツァイスカメラはそこら辺を心得ていて、直角な光路のファインダーを作った。これホントにすばらしいこと。測距部分が動かないないはどうかと思うけど、コシナにいわせると動かない方が精度がよいそうで。


ライカの本 ライカ・コンタックスブログ ライカを買おう