×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライカの本

ライカの本>これだけは読む>ライカ使いの写真家たち>ウイリアム・クライン

ウイリアム・クライン

写真家、映画監督(1928年~)
ロバート・フランクと並ぶ写真界の巨匠。ハンガリー系の両親の間に、ニューヨークに生まれる。1950年頃画家として出発したあと、1955年にファッション写真に転向する。1956年に出した写真集"New York : life is good & good for you in New York"で、アレ・ブレ・ボケを多用した画面を用い、既存の写真の枠組みを変え、のちの多くの写真家に影響を与える。
また60年のルイ・マル監督の映画作品「地下鉄のザジ」も実質上のイメージ作り(=レイモン・クノーの小説の視覚的脚色)は彼の仕事(技術顧問)であった。
1965年から1978年までは、映画作成に専念。多くのドキュメンタリー、67年のジャン・ヴィゴ賞受賞作「ポリー・マグーお前は誰だ」、オムニバス「ベトナムを遠く離れて」テレビ向け作品など多くの作品を残している。1980年代から再度写真に携わるようになった。

ウィリアム・クライン ベスト・セレクション
/★★★

これは写真集と違います。DVDです。
映画監督、写真家として活躍したウイリアム・クライン監督作のBOX。68年のフランス5月革命を捉えた『革命の夜、いつもの朝』をはじめ、『モデルカップル』『モード・イン・フランス』『イン&アウト・オブ・ファッション』の全4作品を収録。

CONTACTS.
/★★★

これは写真集と違います。DVDです。
ポストモダンを代表する11人の写真家が自から語る11のコンタクトシート。当然、ウイリアム・クラインも入っている。
今やシャッターを押せば、誰もが写真を撮ることができる。けれども、時空間を切り取るこの行為には、人間とイメージをめぐるさまざまな位相が潜んでいる。写真表現の広がりが多様化した現在、写真とは何かを概略的に語るのは難しい。だから、「コンタクト」に分かりやすい写真史の解説を期待してはいけない。「コンタクト」は写真史を語るのではなく、写真家の言葉に耳を傾けさせる。メッセージを込めた作品としての表現に取り組むアーティストたちを通して、「コンタクト」は写真というメディアに惹かれ、そこから何かを生みだそうとする人々の生き方を浮き彫りにしていく。

Paris + Klein
/★★★

  • ハードカバー: 346ページ
  • 出版社: Edition Braus,Germany (2002/12/31)
  • 言語 ドイツ語,
  • ISBN-10: 3899040198
  • ISBN-13: 978-3899040197
  • 商品の寸法: 34.8 x 25.2 x 3.8 cm

William Klein: Portfolio (Stern Portfolio Library)
/★★★

  • ペーパーバック: 112ページ
  • 出版社: Te Neues Pub Group
  • 言語 英語
  • ISBN-10: 3570001210
  • ISBN-13: 978-3570001219
  • 商品の寸法: 36 x 26.8 x 0.8 cm

| ライカの本について | Site Map | E-Mail |

Copyright (C) 2007 ライカの本. All Rights Reserved.